雑記_27 ホラ、あれって実は18禁なんですよ。

 今更の話ですが、ヨドバシカメラがエアソフトガン関連の取り扱いを急遽止めた理由が最近になって明かされたのは周知の事だと思います。

 ヨドバシカメラがエアソフトガン関連の取り扱いを中止したのは未成年に成人向けのエアソフトガンを売った事がバレた事が原因らしい。

 この場合重要なのは売った事が問題なのでは無く、そのことが事がバレた事が。 
 エアガンの販売を取り止めたのはのは9月9日から、調度以前の記事で記した“KSCのG26C”を購入しようと踏ん切りを付けたった直前の話になる。
 その際に売り場にはエアーソフトガン関連の取り扱いを止めた事に関しては触れた告知はあった物の“何故”の部分には全く触れられていなかったが、なるほどそんな理由については説明が出来るわけが無い。いや、そもそも取り扱いを止めた商品に関して、何故扱いを取り止めたのかその説明をする義務は無いのだけれど。

 が、その事実、未成年に成人向けのエアーソフトガンを販売した事実が発覚後もそれに関しての説明が無いのはどうなんでしょう? とは思ってしまう。
 
 ともあれ、一昔前にエロゲーを万引きした未成年が捕まって、万引き自体よりもエロゲーの中身、内容の方が問題として取り上げられた…(そして暗黒時代なんて呼ばれる時代が始った…なんて表現される)事態があったワケですが、今回はエアソフトガンがどうのこうの…と騒がれる事無く事態が収束したのは良かった方なのかもしれません。

 一部専門店では“悲しいお知らせ”として、“未成年は成人向けエアソフトガンを購入する事が出来ません”などという触れ込みの注意文が店内に貼られている事もあったりしますが、客商売する上では特に外目につく部分はちゃんとしないと、こう言った文章を外に出すのはどうかと思います。が、同時にその文章には続きがあり“モデルガンは未成年でも購入出来ます”と続きます。この部分は確かに、と思います。
 
 ヨドバシカメラが未成年に売ったとされるエアソフトガンですが“MSN産経”ニュースのソースが正しければ“東京マルイ”の“G3SAS”、チャキチャキのサバイバルゲーム用のツールになります。
 ここ等辺は(不謹慎ながらも)ちょっとつまらないかも、と思いました。なぜつまらないと思ったのかは後ほど。
 
 そして、思った事は、何故、10歳以上対象のエアーソフトガンやモデルガン、エアーソフトガン本体ではない関連商品の取り扱いまで止めたのか? 件の“マルチメディア梅田”のみの商品の取り扱いの中止では無く何故全店での取り扱いを中止したのか?
 段階的に取り止めるのでは無く何故一斉に? なんて思ったのでしたが。それは一瞬のことでした。すぐにその答えが分かりました。いや、普通の人なら疑問すら抱かなかったと思います。

 要は全店舗で未成年に対して成人向けエアーソフトガンを売っていた事実があったんでしょう。
 決め付けのようにも思われます。が、多分事実。
 一部のニュース記事には「18歳未満のお客さん1人に販売してしまった」なんて文章があるが、本当かどうか。
 身分証明の提示と年齢確認を義務付け…ともあるが、そもそもヨドバシではポイントカードにかなりの個人情報が入っていると思うのですけど、(\50000以上のポイントを使用する際は身分証明の提示が求められ、事細かにチェックを受けるハメになるのだから、それぐらいの情報は参照が出来ると思んだけどね)…、この部分はポイントカードの提示が無かったとも考えれれる部分ですけど。

 それにしても“1人”とはよくも言い切れたものだと思う。

 ついで、今まで何人の“未成年”に“エロDVD”と“エロゲー”を売った物か数字に出して欲しいものだ。
 当然のように“0人”と返すのだろうか?
 夏休み最中はどう見ても普段の客層にあたる人間と比較するに若すぎる風体の人間をよく“エロDVD、エロゲー売り場”で見かけた物だが…。

 これも発覚すれば、エロDVD、エロゲーは当然として一般DVD、一般ゲーム(コンシュマーソフト、ハード)、PCソフト、関連書籍の販売を全店でもって中止するのだろうか?

 そんな事実があれば…の話ですけどね。上記に関しては。あったとしても商品の取り扱いは続けるんでしょうね。

 さてそんな事実…の話ですが、少なくとも新宿店ではそういった事が有ったのでは?と思ってしまうんですよね。

 この事件の報道記事にはヨドバシ側のコメントとして社員教育の不届きを挙げていたんですけど、社員教育の不届きを挙げるなら新宿ヨドバシほど社員教育が酷いと感じるい店舗は無いからなんです。

 カウンターで財布から金を出し、店員に渡している最中は客。その前後は客では無い、そんな趣旨の教育がされているならそれに関しては社員教育が徹底されている事とはなるんですけどね。

 結構、客相手の商売をするにあたって、どんな風に客に対するように教育が成されているのか、その事に疑問を抱かずにはいられないほど不愉快な気分にさせれる事が、ままあるのが新宿の店舗なんでよね。

 接客対応に関しては、近所のコンビニのバイト君の方が教育が徹底されているのではないか? と思うことすらあります。

 どんな不愉快な体験をしたか・・・そんな話を挙げて行けば月まで届く程の長文・・・とは言い過ぎですが、かなりの長文(しかも基本的には小っちゃい事ばかり)になってしまうので今回は触れません。
 
 が、1つ最近の事を。

 一つ前の記事にも記した事もありましたが『ストライクウィッチーズ 限定版 第1巻』購入の際の出来事。
 発売予定日前日の入荷日の夜に“ヨドバシカメラ川崎ルフロン”に向かうも売り切れ。仕方なしに翌日(立川に用があったついで)出社がてら立川ビックカメラに向かうも、そこでも売り切れ(おまけに?な対応を受けましたが、新宿にはあるかも? なんて情報を入手)。
 じゃぁ出社するには大回りルートになりますが新宿へ…で、先ず新宿ヨドバシに入り、売り場を見ると売り場には無い。 そんな状態なのでカウンターで店員に尋ねると、店員はちょっと調べるような素振りを見せたあと売り切れ…を伝えたのですが。
 では、“新宿東口グッドギア店”の在庫を調べて下さい”と伝えたら「あそこは販売を取り止めました」との返答。

 ハァ(浅野真澄調で)となりますよ。
 2日前に伺った時にはDVDソフト取り扱いはしていたんですけどね。そもそも9月1日付けでリニューアルした店舗がなんお告知も無しに、一ヶ月も満たない内に店舗元に戻すんですかね?

 まさか未成年にエロDVD、エロゲーを売った事がバレて、DVD、ゲームソフト関連一切合財の取り扱いを中止したのかっ!!

 いや、今居る店舗ではDVDが販売されている以上それは無いだろう。

 では、いま自分に対応している店員が“新宿東口グッドギア店”について“知らない”ではなく、誤った“1ヵ月近く古い情報”を持続けている事になる。

 これが、新宿にいて町田店や梅田店の売棚について尋ねているのなら兎も角、ふつう同じ地域にある店舗の事についてぐらいは把握しておくのが客相手の商売なんじゃないのか? と思うのだがどうなのだろうか。

 ヨドバシカメラ規模の企業なら、週一の朝礼なりなんなりで同一地域にある店舗について何か変更があればそれについての情報の伝播は行われていてしかり、だと思うのだが、この考えは誤ったものだろうか。

 いや、週一の朝礼以前に毎朝始業前に何らかの情報確認や伝達が行われていると思うのですけどね。

 で、その旨、“新宿東口グッドギア店”ではDVDソフトの取り扱いは再開している事を伝えると「じゃあ調べます」との答えを残してものの5秒、棚の後ろに姿を隠したかと思うと戻ってきての答えが「売り切れました」。

 その言葉、信用できますか? と、次の質問を出そうとするのを先読みしたが如く、立て続けに出された答えが、「関東全店舗で売り切れです」。

 信用できます? 以前同じような状況下の時“川崎ルフロン”では“アキバ店”の在庫をすぐさま確認してくれたものなんですけどね。

 もしかすると社員教育以前に情報の伝達なんて基本的な事が成されていないんでしょうか、新宿店って。

 新宿には山田電気が浸出する予定があるそうなんですが、その際には新宿店舗の社員は底上げされるのか、それとも捨て駒扱いのダメな物の掃き溜めになるのか…。
 後者にしかならない気が強いんですけどなんでなんでしょう。

 思えば最近は“欲しい”と思った物を新宿店で購入できた試しが無いですね。





 で、また長い文章にはなりましたが、最期に新宿店で購入したエアーソフトガンは何か? と思い返したら、それが“東京マルイ”の“デザートイーグル50AE レオンカスタム”だったワケです。
 
 コレが思うところアリアリのエアーソフトガンで…この事についても触れようかと思った時期があったのです(書きかけのテキストなんかもありました)。
 そんなワケでこのエアーソフトガンについて取り上げて見たいと思います。

 今更…感が強いですが、ほんのちょっと前までは専門店でも結構余っていたんですよ。

 つまり、専門店に足を運ぶような人にとっては購入する価値の無い商品だった事になります。そしてそれは事実だと思います。

 長文の頭で触れた事ですが、ヨドバシカメラが未成年に販売したエアーソフトガンが、チャキチャキのサバイバルゲーム仕様の物である事がつまらない…と表現したのはこの部分で、コレが“デザートイーグル50AE レオンカスタム”だったら…“KSC”の“ソードカトラス”、“マルシン”の“マテバM-M2007”辺りだったら…コレは今のエアソフトガンメーカーに一石を投じる機会にはなったかも知れない、と思ってしまったのです。

 何故か。上記エアーソフトガンは版権を取り扱った商品になるのですが、その版権元の作品は全年齢対象の作品だからです

(『ブラック・ラグーン』はどうでしたっけ?)。
 全年齢対象の作品のアイテムが18禁アイテムであるのはどうかと思うんですけど。そして(エアーソフトガンそのものは)対象を18歳以上と定めた上で高い値を付けて販売するのはどうかと?
 
 要は“デザートイーグル50AE レオンカスタム”に関してはかなり不満の残る物であったと…。ならば10歳以上を対象としたカテゴリーの中でそれなりの値段で販売して頂いた方が良いのでは…と思ってしまう出来だった…ということです。

 そういや、雑誌広告、雑誌記事に18歳未満は購入出来ない…なんて触れ込みは一行くらいはあったかしらん…?

 “東京マルイ”のHP上の件のページには少なくとも載って無いですね。そんな一文は。



先ずは左面から。
画像

10インチ。長いですね。
銃にコリジョンが発生しないゲーム内なら兎も角、現実世界でゾンビの群れに飛び込む事になるのなら(そんな事は先ず絶対無いんでしょうけど)こんなバカみたいにデカイ銃を握る気になれません。
 弾切れの際には鈍器として扱える・・・なんて設定がゲーム内にあったワケでもないし。
 バレル先端を引っ張られてそのままゾンビの群れに引きこまれるのがオチですよ。

 やっぱフロイトの言ってる事って間違ってねぇ? いや、フロイトの言葉を借りた奴が無知なのか?

 あ、4はゾンビ出ないか。



今度は“顔”右面から
画像

 さて“デザートイーグル50AE レオンカスタム”を購入したかと言うと、それは過去“デザートイーグル.50AE・
バイオハザード2モデル 10inカスタム ”を購入し損ねた事があったからです。当時はお金がありませんでした。

 では何故“デザートイーグル.50AE・バイオハザード2モデル 10inカスタム ”が欲しかったかと言うと“デザートイーグル 10インチモデル”を購入し損ねた事があったからです。当時はもっとお金がありませんでした。  
 
 そんなワケでノーマルバレルの“デザートイーグル.50AE・バイオハザード2モデル”には興味は有りませんでした…等と言い切ると嘘になるかな? 実はもう一つ購入したくなった理由があるのです。そしてそれが今回もっともガッカリ来た点にもなっています。  



ガッカリ面その1
画像

スライド周り、ヒケが目立ちます。
バレル付け根にはパーティングライン。そしてその上からメッキ仕上げ。お手上げ。
まぁ仕方ない・・・か? 版権物とは言っても\27090(税込み)ですよ。決して安くは無いですよね。同社の電動ガンの本体セットに匹敵する値段のハンドガンです。



ガッカリ面その2
画像

湯きり口の跡(?)が残った上からメッキ仕上げ。お手上げ。
下の物は同社前期モデル(ウエスタンアームズに一時金型を巻き上げられていた物。詳しくはhttp://www.tokyo-marui.co.jp/company/saiban.html
仕様が違いますね。コレは10インチバレル特有なのか? それとも後期モデルは全てこの仕様なんでしょうか?
兎に角酷いですよね。コレ。




ガッカリ面その3
画像

ハンマーもパーテイングラインが・・・そして右面からの写真を見るとわかりますがハンマー右面にも湯きり口の跡(?)が残っています。



ガッカリ面その4
画像

トリガーガード内にパーティングライン。しかもバリ跡付き。そしてその上からメッキ・・・。
トリガーガード内をキレイに仕上げている物自体珍しい・・・なんて部分もありますが、\27090(税込み)の商品です。



ガッカリ面その5
画像

トリガーガード内のパーティングラインは仕方が無いさ・・・としてもコレはどうよ?外側にもハッキリ残ってる。そしてその上からメッキです。



ガッカリ面その6
画像

バカでかくなって使い辛くなったセイフティ。
セイフティ部分が大きくなったので使い易くなった・・・などと記したのは何処の雑誌記事か? ハッキリいって全く使えない形状になりました。
結局の所、セイフティの操作は従来型のグルーブが彫られた部分に指を置かなければ操作できません。そしてセイフティを外すときはこの延長された部分が邪魔で(グルーブ部分を押し出すために指を置く箇所が塞がれたため)操作が出来たモンじゃありません。
画像

ノーマルモデルと比較すれば一見して分ると思います。


画像

あ、気がついたらファイアリングピン(に当たる部分にあるパーツ)の形状が違う。あんまし意味はないかな。


ガッカリ面その7
画像

“もう一つ購入したくなった理由”がコレ。
この見るからにクソのようなグリップ。コレはなんじゃ? とコレを確認したかったのです。予想を遥かに上回るクソっぷりでした。
 ん、これはカプコンの所為?

 ハンドキャノンと呼ばれるクラスの銃となると想 像のとおり、そのリコイルは強烈な物となる。
 そのリコイルを和らげる手段の一つに、あえてグリップをスリップさせて強烈なリコイルが射手に伝わらないようにする、と言うものがあります。
 50AEの1つ下に45マグナムと言うカートリッジがあり、そのカートッリジを使用した銃にLARグリズリーなんて銃があるのですが、コレに標準で使用されているグリップが、いわゆる良くグリップするグリップ、パックマイヤー製なのです。
 そしてその結果本来のリコイルは50AEよりマイルドな筈が、このグリップの所為でかなりリコイルが厳しい物と感じるようになっているらしいのです。

 と言うワケでこのグリップ、立体(エアーソフトガン)を見る以前、ゲーム画面で見た時点でなんじゃこりゃ?な物だったのです。
 ナニコレフィンガーチャンネルなんてついてんよ。指ひねられんじゃね?
 エイダの横撃ちを命中精度が上がるなんて表記したバカがいたから、手を傷めるけど命中精度が上がる、なんてたれるんじゃねぇ?
 まぁ、エアーソフトガンならグリップは良い方がいいでしょ。問題ないでしょ。
 なんて思ったりしていたのですが、いやはや立体を触って分りました。

 もうね、遥かにクソ
 
画像

 兎に角太ぇーのよ。
 自分の手はバカデカイワケではないのだが、決して小さいわけではない。
 シュターに不評のM9のグリップにだって特に不満は感じた事が無い。
 がね、コレはナニってぐらい太い。
 ガバメント二挺ぐらい(ちょっと太すぎか?)の太さ。
 このクソグリップのデザインを“エルゴノミクス”と称しているのですが、“エルゴノミクス”って“実用性を伴わないゲロのようなデザイン重視のクソ”の意味に、何時からなったんですか?



ガッカリ面その8
画像

スライドの後退量。
うん、これじゃカートリッジを吐き出せないね。エアーソフトガンならまぁ拘らなくてもいいかも。
ウエスタンアームズはそれで失敗したんだし。でその後イロイロと自らの首を絞めたりしたんだけど。しかし・・・。
画像

前期もデルと比較して全くその差に変化が無いのはねぇ?
ガッカリしない?
画像

ハドソン製44モデルと比較するとその差がハッキリ分りますよね。



ガッカリ面その9
画像

同じ銀色のモデルとしてハドソン製44口径モデルのモデルガンと比較すると・・・。
色の違いがハッキリ。
好みの問題かもしれませんが“デザートイーグル50AE レオンカスタム”はいかにもメッキメッキした仕上げで安っぽく見えてしまいます。



ガッカリ面その10
画像

刻印周り、書かれている事は同じですが、“デザートイーグル50AE レオンカスタム”の方は刻印が太くシャープ差に欠けます。
あとトリガーの仕上げもね。湯切り口がここも残ったまんま。
ハドソンの方もマガシンキャッチボタンが+ネジ止めとか、ちょっと・・・な部分もあります。



ガッカリ面その11
画像

3挺を比べて見るとね・・・もうこのパーテイングラインが何よ何よ何様よってぐらい気になる。
そして、写真は撮り忘れましたが、アウターバレルの長さこそ違う物の、インナーバレルは(多分)ノーマルバレルと同じ長さなのです。
ナニソレ、デタッチャブルですか!? いやほんと。ナンチャッテロングバレルなんて恥ずかしいものはありませんよ。
ただ、コレは業界内自主規制、銃刀法改正でロングバレル化に伴うパワーアアップを避けるための手段として仕方が無かった部分なのかもしれませんが・・・、だとすると“デザートイーグル.50AE・バイオハザード2モデル 10inカスタム ”はどうなってたの?
 今は下手に中古のエアーソフトガンを買うと物によっては銃刀法に触れる恐れがあるんですよね。

 しかし警察も玩具の鉄砲を取りしまるよりも他にすべき事があるとは思うんですけどね。



ガッカリ面その12
画像

安い箱。こんなん付けるんだったら、パッケージはマルゼン程度のもので十二分なんで少しはガッカリ面を何とか補正して欲しい所です。
蓋はロックできますが、押入れに入れるといつの間にか開いていたりとか、逆に開けようとすると、全く開かない、何て事も。
画像

でそんな安い箱にこんな感じで入っています。
なんですか、そのマガジンのパッケージの仕方? ひょっとして当初、マガジンにはバンパーが付く予定だったのか?
 それとも・・・“サムライ・エッジ M92F/S.T.A.R.S.カスタム バリー・バートンモデル”で少しは勉強したのか?
 アレのパッケージは糞酷かったからソレを教訓にしたのか?
 だったら先ず“サムライ・エッジ M92F/S.T.A.R.S.カスタム バリー・バートンモデル”をリコール対応して欲しい、ひょっとしてしてるのかな?
 柔いスポンジの中に重いマガジンを入れた所為でマガジンがパッケージ内で移動。結果同梱された銃のフレームにでっかい傷を付けるのだ。
 新品箱出しの時点でグリップのグルーブ部分がベッコリへコンでいるのだ。
画像

箱裏面。もうね・・・。ナニこのシール。
画像

箱が浅くて、件の糞セイフティが収まりきらなかったのでした。え~!!

 あ、それから、マネークリップとかのオマケは無し。



まぁ普通の部分。
画像

マガジンですね。前期モデルと後期モデルは共用出来ません。
左がハドソン製モデルガン。中央が“デザートイーグル50AE レオンカスタム”、右が前期モデルです。
カートリッジはハドソンの物。1,2,3,4,5・・・とアレ?1つ足りない。
画像

後期モデル“デザートイーグル50AE レオンカスタム”は前期モデルよりもマガジンリップやガスルートが延長されています。これはチャンバーにより近い位置にレイアウトされた事になりますね、確かに性能は上がっているかも知れません。



まぁ好きな部分。
画像

唯一気に入ったのはこのリアサイトぐらいかなボリューム感がバリュー感ですよ。
画像

MGCのオート9を握った時もそうだったんですけどね・・・裸眼だとフロントサイトはもう霞んで見えなくなっちゃうんですよね・・・。 


 とまぁかなりガッカリな内容でした。
 コリャ専門店じゃ売れないわな。
  
 版権物なんで高い値になるのも仕方がない部分はあるかも知れないけど、じゃあね、代りにもっと値段を上げてもいいから不満の出ないものを作るって手法もあるとは思うんですよね。

 兎に角商品を作る以上は購入者の不満が出ない物にするのは当然だとは思うんですけどね。
 
 だからもう1つの手法として“アシュフォード・ゴールドルガー”見たいに10歳以上モデルをベースに不満の出ない価格で不満の仕上げをすればいいと思うんですけどね。

 “KSC”の“ソードカトラス”だって“東京マルイ”が10歳以上対象の電動ハンドガンをベースに商品化すれば\26000で銃二挺と(ビニール製でも)ホルスターぐらいはパッケージできたんじゃないかと思うんですけどね。

 ホラ、キャラクターグッズなんだし。昔あったじゃないですか“西部警察”セット“M31RSショットガン”と“警察手帳”がパッケージされた奴。
 アレぐらいの作りが面白い所だと思うんですよね。


 最後に1つ付け加え“KSC”の“ソードカトラス”を高い高いと言っていますが、“KSC”の場合、基の”M9”の時点で結構値がはるので、実は“ソードカトラス”の値段自体は版権物の割には良心的な値段設定になっているのです。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック