雑記_105 イロイロ採集                              いや、箱をね。

  最近嵌っている物…いや、正確には嵌っていた物…ちょっと前の物事です。

 何に嵌っていたかというとコレ。 
画像

 標本箱。
 近所の100円ショップで発見した物です。
画像

 とは言っても、別に昆虫採集に嵌っているワケではありません。

 木製の木箱に窓付きの小箱…となればオトコノコゴコロを揺さぶられるではないですか―――と思っている自分はガキオヤジです。

 底面はコルク敷きだしちゃんとしたロック付き、でも、100円の製品なので蓋の窓部分はガラス…ではなく樹脂(ポリカボネート?)、全体を形成する木製部分も柔らかい安い木材…と安い造りである事は否めないんですが…。

 イインデス!! 実際安いし、そう値の張る物を入れる事なんてなんいんですから!!

 外は 縦49mm 横208mm 奥155mm (蝶番、ロック部分を含まず)
 内は 深さ36mm 横194mm 奥141mm 

 ぐらいの大きさになります。


 そんなワケでイロイロと詰めてみる…。

 まぁ詰めたいったらコレですよね。

  S&W M60 チーフスペシャル。
画像

 当然(?)余裕で入ります。
画像

 無理すりゃ2挺も。


 COP357 コレも当然。
画像



 SIG P230 当然!! でもちょっと見てくれだけでもお高そうな箱に収めたい銃ではあります。
画像



 G26C 入ります。
画像


 
 そしてクーガー。マガジンを抜いた状態でギリギリ収まる状態なんですけど入ります。
画像



 さて、ここまで主にテッポウを詰め込んできたのですが…実はソレよりもっと詰めてみたい物があります。

 だいたい、鉄砲のカタチをした玩具は付属の箱に収めて保存しているんですから、そもそも箱なんて必要は無いのですよ。

 では箱が必要なのは…と言うと…。

 ウチでは“figma”や“リボルッテク”の類の可動フィギュアは大体の場合“箱”は捨てちゃうんですよね。

 んせもって(“figma”は付属の)ジップロックなんかに詰めてダンボールに…。

 そうして収納すれば、確かに場所は取らなくなるんですけど、イザ、遊ぼうと思ったときに掘り出す作業が億劫です。

 やぱ、可動フィギュアはちゃっとだしてちゃっと遊んで、また飾って見れる環境が望ましい…。

 そう、一番詰め込んでみたかったのはフィギュアなんです。


 てなワケで、イロイロと詰めてみようじゃないですか。


 “figma”は先ず普通に入るかな?
画像


 “リボルッテクQB”の場合…。ボリューム溢れる“カトレア”は…ギリギリオッパイ成分の所為で入らない…?
画像


 マントを羽織った“アレイン”は…マント装着状態では収まりません。
画像

 本(ゲームブック)の発売当初は、単にキレーなオネーサンなんてだけの印象しか抱けず、結局購入したのは同発の“アルドラ”だったりしたんですけど、立体物の“アレイン”は結構好きなんですよね(そのワリにはメガハウスの方は未だ箱から出してもいないんですけど)。
 なのでコレは是が非でも箱に収まるようにしたい。


 そして“ねんどろいど”は…当然入らないよなぁ…コレは。
画像

  実のところ、一番収めたかったのは“ねんどろいど”なんですよね。
 “ねんどろいど”は“figma”や“リボルッテク”と違い、箱は捨てずに箱に入れたまま保存している状態なんです。つまり、遊ぶときはそのたび箱を開けて、内装開いて…とメンドクサイにも程がある事になっている状態なんですよね。
 お気に入りの物は一寸した隙にサッと出して、サッと遊んで、サッと戻せる状態にしておきたいじゃないですか。


  そんなワケで嵩上げして“ねんどろいど”も収納できる箱にしましょう…って事になるんですけど、いかんせん100円ショップの製品だけに、あんまり手間もお金もかけたくないトコロ。


 では一番簡単、確実な手段で2個1です。
画像

  2個1とは言っても、箱部分全部使おうにも、蝶番部分や、ロック部分はネジ穴が開いてしまっているので、埋めなくては成らなく成ってきます
。コレを埋めるのはメンドクサく成ってくるので、蝶番部分、ロックを除いた部分で2個1にします。

  コレで深さ49mmの箱になりました。

 コレぐらいの深さになると…固定ポーズのフィギュアでもある程度の大きさの物までなら収容可能になってきます。
画像

 こんなカンジ。納涼水着詰…去年Ver.ですけどね。


 “リボルッテクQB”は当然入るようになりました。
画像

 と、ゆーワケで“エルフ”詰めです。ここで初めて気が付いたんですが“リボルッテクQB”ってスケール統一していないんですね。
 “アレイン”と“エキドナ”の頭身を比べてはならない…“アレイン”の株が暴落してしまいます。

 単体でみればこのディフォルメが入った頭身がまたカワイイ(?)、バリュー感を感じさせるデッサンでもあるのですけど。
 

 2個1なので…当然余り物も出る。そんな余り物で作ったのがコチラ。
画像

 深さは18㎜程度なので大した物は入りませんが、それでも、武器とかの類は入ります。
画像



 さて、これだけの深さになれば“ねんどろいど”も流石に入るか?
 ウン、入った!! そんなワケで“芳佳”“みっちゃん”(“ペンギン娘”)詰め…。
画像


 が、まだ問題!!

 
 “ねんどろいど”本体は入っても、台座は入らないンですよね。自立出来ない“ねんどろいど”には台座は必用…。そんなワケで再嵩上げです。
画像


 最嵩上げとは言っても、いかんせん100円ショップの製品だけに…以下略。

 なワケで、同じく100円ショップ(今度はダイソー)で木材(桐)を購入する。
 幅24㎜ 厚さ5㎜ (長さは910mmなのだが、ソレは関係無い) なのでちょっと厚みは足りない物にはなりますが、強度問題とかは、まぁ中に入れる物がそんなに重い物では無いものですし…強いて気になるのは見栄えぐらいの物ですが、元はまぁ100円ショップの物ですから、それは気にしない…という事で。
 
 さて、24㎜追加で深さ60mmの箱になりました。
画像



 コレだけの深さの箱になれば…こんなフィギュアも入れる事が出来るようになります(台座は外さなくちゃならないけど)。
画像


 と、まぁちょっと引っ張っておきながら…それで“ねんどろいど”が台座ごと収まったか…と言ますと…。
画像

 まだ収まらない!! 数ミリ…なんですけどね…。
画像



 コリャ再再嵩上げですよ!!

 でも、いかんせん100円ショップの製品だけに…以下略。

 とは言え、100円ショップで手に入る材料では、もうこれ以上適合する物が無い…。しかし、物が入らない箱を置いといても仕方が無い…。
 この際、多少かかってもちゃんと物が入る箱にはしときたいよなぁ…、なんて運びで、近所のホームセンターに行けばあるじゃないですか、今度は幅30㎜ 厚さ6㎜ (長さは910mm)の桧材が。
 お値段は…確か100円ぐらいだった…!!

 これで+30㎜追加の深さ66mmの箱になりました。
画像



 ハイ。これで“ねんどろいど”が台座ごと収まるようになりました。
画像

  “じえいたん”は変顔なかり載せちゃいましたが、実際の“じえいたん”は(メガネを外した顔なんか特に)おすまし顔のおだやかな表情でスッゴイ美人顔なのですよ(アレ? ヒライユキオのタッチってこんなんでしたっけ?)。
 なので売り場で見かけたら(いや、必ず見かけると思うので)買ってやって下さい。そうすれば“ねいびーさん”“ミケ大佐”までスムーズに発売にこぎつける足がかりになりますから(現状で“航空じえいたん”と“あーみーさん”の発売は確定!? ええっ買いますよ!!)。


  箱の容量的に無理すりゃ3体ぐらいは収納できるかな?
画像


  勿論、“ねんどろいど”+“figma”なんて収納方もあり。
画像


 で箱はコンナ感じになりました。
画像

 この他、フツーの物をあと3,4固買いだめ。



 こんな小箱の収めれば、本棚に入れておいても気にならないでしょう。安くても木製ですからね、遮光性はあるしね、紙箱で保存するよりは対紫外線にはイイカモ?
画像



  で、この事をちょっと前…と記したのは、現状では売り場に無いのですよこの商品…。
 本格的な昆虫採集のシーズン(夏休み)を前に売り切れ? なんですかね(近所の店舗だけ)?


 ただ代わりに、従来の商品でコレクションボックスなる物はアリ。
画像

 サイズはちょっと小さくなりますが、深さはそのまま。そしてなにより…ロック部分がマグネットなのです。つまり、箱から飛び出す部分は蝶番部分のみのフラットな造りなのです。積み重ねたり…なんて部分ではコッチの方がスグレモノ…なのかも。
画像



  後は…。
画像

 ちょーしこいてニス塗ったら失敗してしまったでゴザルの巻き。

 ちゃんと下地処理しなくちゃね…。との粉は100円ショップで見かけた事は無いにしても、紙やすりはあるんだから、それなりの下地処理はするべきでした。ローズウッドなんて色のチョイスも問題ですけどね。

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナカバヤシ 標本箱 小 桐ナチュラル HKC-101-KN の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボール紙標本箱特大(300mm×230mm×45mm) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック